1. 包茎手術・治療WEB
  2. 包茎手術「治療の仕上がり」


包茎手術「治療の仕上がり」


昔の包茎手術の仕上がり

 以前の包茎手術は切除ラインが陰茎の真ん中寄りにありました。切除ラインがその位置にあるということは亀頭周辺の粘膜の部分は全部残るということです。そのため勃起させると粘膜の部分がピンク色、陰茎の皮膚の部分がこげ茶色ですからツートンカラーのペニスになってしまいます。なぜこのように仕上げるかというと、亀頭周辺の粘膜は性感等に影響があると考えられ多めに残すのが無難であるとされたからです。今でも保険診療のクリニックで手術すると、このような仕上がりになることが多いです。

最近の包茎手術の仕上がり

 今の包茎手術は亀頭のカリの部分から5mm前後の位置で切除ラインを持ってきます。そのため勃起しても粘膜の部分は亀頭部だけで陰茎の茎の部分は皮膚の色なので、あまり違和感なくすみます。
中には亀頭直下まで切除ラインをもってきたため、亀頭の裏筋(包皮小帯)まで切り取ってしまい性感の低下に悩まれる方まで出てきました。そのため今では切除ラインが小帯を残すように曲線を描くように、より複雑なライン取りがおこなわれています。

それ以外の包茎手術の仕上がり

 現在の包茎手術は亀頭直下に切除ラインを持ってくる方法ですが、それ以外には根部切開法という陰茎の根元に切除ラインを持ってくる方法があります。 陰毛によって切除ラインが隠れるので傷が目立たない利点がありますが、皮のかぶりが多い方に適用すると粘膜部が多いので勃起した場合ツートンカラーのペニスになってしまう欠点があり、今ではあまり実施するクリニックも少ないようです。


■包茎手術・治療ガイド

■地名から専門病院を検索

■院名で専門病院を検索