1. 包茎手術・治療WEB
  2. 早漏治療の怪


早漏治療の怪


最近包茎手術専門クリニックの治療科目の中でよく目につくようになったのが「早漏治療」です。ここでは専門クリニックでおこなわれている「早漏治療」について考察してみます。

早漏の原因と早漏治療について

基本的に早漏の原因とされるのは「精神面の要因」と「機能面要因」にわけて考えられます。「精神面の要因」は、簡単にいってしまえば「興奮」です。「興奮」してしまうので射精が早いということです。この要因に対してクリニック側でが薬を処方するところが最近でてきました。でもその薬のほとんどは「精神安定剤」です。精神疾患の患者さんが飲む薬で、興奮状態を抑えて精神を安定させる薬です。飲めば興奮は抑えられるので早漏に対しても有効でしょうけど、はっきり言って健常者が飲むような薬ではないような気がしますね。
「機能面の要因」としてあげられるのは「感じやすい・敏感さ」です。性感体が過敏すぎると発生する早漏で、包茎で亀頭が常に露出していないと早漏になりやすいのだそうです。(かなり疑問に感じますが…くすぐったいのと性感はあきらかに違うと思います。)
そしてそのための治療法としてあげられるのは「ヒアルロン酸」やそれに類似した注入剤です。亀頭にこれらを注入して亀頭内部にヒアルロン酸の層をつくって外からの刺激に強くするという理屈だそうです。でも層をつくったヒアルロン酸は、またたくまに吸収されて無くなってしまいます。これでどのように亀頭の強化につながるのかは不明です。かなり疑問の残る学術的な根拠のない「民間療法」といえるのではないでしょうか。


■包茎手術・治療ガイド

■地名から専門病院を検索

■院名で専門病院を検索

■サイトマップ

■運営者・プライバシーポリシー