1. 包茎手術・治療WEB
  2. 亀頭増大治療について


亀頭増大治療について


短小包茎は男性の下半身のコンプレックスの象徴です。これも女性はあまり気にしてないことなので、男の独りよがりなんですけどね。

短小と亀頭増大治療について

ペニス自体が小さいと男はコンプレックスを持つものです。男性の下半身のコンプレックスの解消を目指す包茎専門クリニックも昔から亀頭増大治療というペニスを太くする治療・特に亀頭冠のハリをもたせる治療を実施してきました。昔は子牛の表皮に含まれるコラーゲンを精製したものを使用していました。そのためアレルギー反応を見るためバッジテストというものを事前におこなわなければならず、不便なものでした。クリニックの中にはテストをおこなわずコラーゲンを注入するところも多かったのです。
プチ整形が流行り注入剤として安全性の高いヒアルロン酸が普及してくると、事前テストの必要のないヒアルロン酸注入に替わっていきました。プチ整形ではシワに注入してシワの溝を埋める注入剤として使用され、吸収も半年から1年くらいは持つとされています。しかし太い血管のない皮膚表面でも1年はもたないものが、ペニスの亀頭部という血液が集まるところで、どれくらいもつものなのか…あっという間に吸収されてしまうのではないかと思うのですが…。亀頭増大術を受けた患者さんがよく言うのが「治療を受ける前よりは亀頭が硬くなった気がする」というものですが、これはジェル状のヒアルロン酸を注入することで亀頭内部の組織が傷んで「硬結」をおこしているだけなのです。
また最近はアクアジェル・アクアミド等の非吸収性の注入剤を使用するクリニックもあるようですが、ヒアルロン酸が安全なのは吸収されるからであり、吸収されないで残るものはリスクが高いということは自覚しておく必要がありますね。動脈をふさいでしまい亀頭が壊死してしまう可能性がないわけではありません。亀頭が壊死すると激しい痛みと人体では考えられない色(亀頭部がどす黒く変ります)に亀頭表面が変色していきますからすぐわかります。急いで病院に駆け込みましょう。


■包茎手術・治療ガイド

■地名から専門病院を検索

■院名で専門病院を検索

■サイトマップ

■運営者・プライバシーポリシー