1. 包茎手術・治療WEB
  2. 包茎手術「治療は自由診療」


包茎手術「治療は自由診療」


通常、包茎治療専門クリニックで包茎手術を受けると健康保険は使用できません。つまり各クリニックが設定した治療費を全額支払うことになります。ここでは保険診療と自由診療を解説します。

皆さんは病気になると健康保険証を持って病院に行くはずです。保険の種類にもよりますが通常は3割負担といって患者が負担するのは治療費の3割で、残りの7割は国が負担してくれます。これは国民の健康福祉を目的とした行政サービスです。
ですから保険が効くのは病気の治療に関してのみで、それも国によって認められた病気の治療だけです。そしてある程度使用される薬剤・医療材料なども制限があります。制限がなかったら国の負担する医療費がうなぎ登りに増えてしまいますからね。
では、「包茎」は病気として国に認められているかというと、真性包茎のみ病気として認められています。真性包茎の患者さんは健康保険で包茎手術を受けることができるのです。

では包茎手術専門のクリニックに真性包茎の患者さんが保険証を持参すれば健康保険で治療できるかというと・・これはできません。それはこれらのクリニックは国に健康保険の適用診療機関としての届けを出していないからです。

そしてそれを出さないから包茎手術専門のクリニックは健康保険という枠に縛られず、美容的な観点からも必要とされる医療材料・医療器具を使用して治療をおこなうことができるのです。健康保険で包茎手術を受けるには一般の泌尿器科の病院に行くしかないのです。


最近包茎専門クリニックのホームページを見ると「当院では健康保険の使用はできません」と明示してあるケースがあります。これは専門クリニックで包茎手術を受けた患者さんが消費者センター等の消費者相談窓口に「保険で治療できると思っていた」と泣きつくケースが増えたからだといわれています。

■包茎手術・治療ガイド

■地名から専門病院を検索

■院名で専門病院を検索

■サイトマップ

■運営者・プライバシーポリシー