1. 包茎手術・治療WEB
  2. 保険診療病院の包茎手術について


保険診療病院の包茎手術について


包茎手術を受ける医療機関としては基本的に「保険診療の病院・クリニック」と「自由診療の病院・クリニック」があります。ここでは保険診療の病院の泌尿器科でおこなわれている包茎手術について解説します。

大学病院など総合病院の泌尿器科

真性包茎ならば治療をしてくれるはずです。ただ仮性包茎の患者さんは治療の必要はないと断られる場合が多いです。(仮性包茎でも包皮炎等の炎症を頻発する症状であれば手術してもらえます)表向きの理由は仮性包茎は健康保険の対象ではない、つまり病気ではないためであり、現実的な理由は包茎手術の保険点数の低さです。保険点数=病院の収入ですから、病気でもない患者の治療を赤字になってまで手術はしないのです(健康保険の包茎手術の点数から計算すると病院の収入は術後の処置を含めて4万円程度。この金額でオペ室を準備して医師と看護師をつけて手術をすれば利益なんてほとんどありません。そのため空きベットがあれば術後の経過を診るためという理由で入院させるケースもあるようです)。また大学病院などの教育機関では泌尿器科の研修医レベルの医師が勉強のために手術を担当するケースがあります。そのため見栄えや綺麗な仕上がりなどといった観点から手術はおこなえません。あくまで「皮がむけないという病気」が治ればよいという手術であり、傷跡が少し斜めになっているなんて普通です。

個人病院・クリニックの泌尿器科

こちらも基本的には真性包茎の患者さんなら手術をしてくれるはずです。ただ個人の病院・クリニックでは内科系に力を入れている場合、手術ができる場所・道具がないケースがありますから事前に問い合わせる必要があります。
また最近では仮性包茎の患者さんでも希望すれば自費診療で包茎手術をやってくれる個人病院・クリニックも増えてきました。その場合たいてい治療費は、保険の点数は無視して包茎専門クリニックの基本手術費と同じ程度に設定しているところが多いようです。包茎専門クリニックと違い保険診療のクリニックは宣伝費をかけていないので、これならば経営的にはおいしい手術のようです。

■包茎手術・治療ガイド

■地名から専門病院を検索

■院名で専門病院を検索

■サイトマップ

■運営者・プライバシーポリシー