1. 包茎手術・治療WEB
  2. 黄色いシミの正体について


黄色いシミの正体について


包茎治療の後に、包帯を見たら「黄色いシミ」はできていた。術後に良く出てくる症状ですが、結構心配される患者さんが多いようなのです。別に化膿して「膿」が出ているわけではないですよ。

包帯によくつく「黄色いシミ」の正体は!

この「黄色いシミ」の正体は「浸出液」と呼ばれるものです。浸出液とは傷口からジクジク出てくる薄黄色した透明な液で、包茎手術を受けて包帯を巻くと、傷口にそって一周にわたり黄色いシミがつきます。これは決して傷が化膿して「膿」だ出ているわけではありません。
この浸出液が分泌されることによって傷は治癒し、感染が予防されます。つまり傷口はジクジクしていた方が綺麗に治るのです。
包帯を巻くと、この浸出液が乾燥してガーゼと傷口を付着させてしまいます。無理やり剥がすと治りかけの皮膚や細胞を一緒にはがしてしまう危険があり、傷口の治りを遅くしてしまいます。包帯を剥がす際には消毒液等で包帯を湿らせて時間をかけて取りましょう。

ちなみに傷跡が化膿した場合は、傷から黄白色のドロッとした液がでてきます。(緑膿菌に感染した場合は薄緑色の膿がでるようです)通常術後1週間程度は病院から出された抗生物質を飲んでいるケースが多いので化膿をおこすケースはほとんど無いようです。


■包茎手術・治療ガイド

■地名から専門病院を検索

■院名で専門病院を検索

■サイトマップ

■運営者・プライバシーポリシー