1. 包茎手術・治療WEB
  2. 包茎治療の後にでる「腫れ」


包茎治療の後にでる「腫れ」


たいていの包茎手術を受けた患者さんが術後に心配するのが「腫れ」です。腫れるとペニスの形が歪になり、このまま元に戻らないんじゃないかと心配になるようです。なかには元に戻らない腫れも…。

元の状態に戻る「腫れ」

包茎手術を受ける時は、たいていの患者さんはアイマスクをしています。そして手術が終了するとアイマスクが取られ「むけたペニス」とご対面するわけです。この時、ペニスの切除ラインあたりの皮は腫れている場合があります。これは麻酔の腫れです。局所麻酔の注射液が入っているので皮が膨らんでいるわけです。この麻酔の腫れは数時間のうちには吸収されてなくなります。
また皮を切っているので患部が軽い炎症をおこしたり、人間の体には異物である縫合糸が入っていたり、また勃起させて患部に余計なテンションをかけてしまったりするために患部に「腫れ」が出てくる場合があります。これも糸を抜糸してしまえば自然とおさまる腫れです。

元の状態に戻らない「腫れ」

問題なのは自然には元に戻らない「腫れ」です。一つは「血腫」です。別名「ヘマトーマ」ともいい、体内の血管から血が漏れて止まらない状態になりペニスが大きく腫れてしまう症状です。この場合には至急治療を受けたクリニックで再手術して血管の止血処理をしなければなりません。
そしてもう一つは、いつまでたっても元に戻らない亀頭の裏筋周辺の腫れです。ペニスを横から見ると亀頭の下が腫れた状態になっているのでわかります。形がペリカンに似た状態なので「ペリカン変形」と名付けられているようです。原因は皮の余りすぎと切除ラインが適切でなかったことです。そのためいつまで経っても腫れた状態で元の戻ることはありません。よく聞くのが「裏筋の腫れ」を手術を受けた病院に相談すると「包茎手術の影響で浸出液等が患部にたまっているだけだから、マッサージをすれば治る」と言われ何年もマッサージを続けた患者さんの話です。これを平らな状態に戻すには修正手術しかありません。


■包茎手術・治療ガイド

■地名から専門病院を検索

■院名で専門病院を検索

■サイトマップ

■運営者・プライバシーポリシー