1. 包茎手術・治療WEB
  2. クランプ・レーザー法について


クランプ・レーザー法について


クランプを使用するメリット

(患者さん側)
・手術中にほとんど出血がない。
(クリニック側) ・操作が簡単なため不慣れな医者でも包茎手術をおこなうことができる。専門が泌尿器科や形成外科でない医者でも手術が可能になる。
・レーザーを使用すれば出血もおきなく、縫合時に傷も開きにくく縫いやすい。
・止血処理の手間がないので短時間で終わる。

クランプを使用するデメリット

(患者さん側)
・クランプはサイズの種類が少なく患者さんのペニスの大きさに合わないクランプを使用すると、傷跡が伸びて歪んだり・傷口が狭く締め付けてしまう場合がある。
・レーザーを使用する場合には、傷跡が硬く瘢痕化したり、傷跡が大きく盛り上がったりする。
(クリニック側) ・デメリットはほとんどない。

このようにクランプの使用はクリニック側のメリットが多いため、包茎手術専門クリニックの中には未だにこっそりと「クランプ」を使用して手術をしているところもあるようです。このクランプという器具は医者であれば数例経験するだけで一定水準以上の仕上がりが可能になる便利な器具ですが、このクランプを使用してハンドメイドの包茎手術に負けないオペをやるには熟練した器用な腕と経験が必要になります。


■包茎手術・治療ガイド

■地名から専門病院を検索

■院名で専門病院を検索

■サイトマップ

■運営者・プライバシーポリシー