1. 包茎手術・治療WEB
  2. 包茎手術「治療と麻酔」


包茎手術「治療と麻酔」


ペニスに麻酔の注射をするというと、ちょっと怖いという人もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは麻酔について解説します。

麻酔の成分と効果

包茎手術でおこなわれる麻酔は通常では局所麻酔と呼ばれる注射です。薬剤として使用されるのは「キシロカイン」と呼ばれる即効性の麻酔剤が多いようです。皆さんも歯医者さんで虫歯の治療をする際に麻酔をすると思いますが、たいていはこの薬剤です。クリニックによっては即効性の麻酔剤に持続性の麻酔剤をブレンドして使用しているクリニックもあります。
局所麻酔の場合麻酔の持続時間は1時間から1時間30分程度です。 最近クリニックによっては、局所麻酔でなく、静脈麻酔などを使用して意識をなくした状態で包茎手術をおこなうクリニックもあるようです。

麻酔注射の痛みを和らげる方法

ペニスに麻酔の注射をおこなうというと怖いと思う人は多いと思います。確かに包茎手術をおこなうには切除ラインに沿って麻酔を効かせなくてはならず、そのために数回は針を刺さなければなりません。
そのため包茎手術専門クリニックでは、麻酔の注射の痛みを和らげる方法を採用しているところもあるようです。たいていはキシロカインスプレーやキシロカインゼリーを注射する個所に塗布して注射の痛みを和らげる方法です。でも実際の効果の程はというと・・・気持ち痛みが少し和らぐ程度であまり変わらないという患者さんが多いようです。どうしても表面麻酔というのは皮膚から浸透するのに時間もかかり、また麻酔効果も表面だけなので薬剤を注入する時の痛みはほとんど変わらないようです。まぁ麻酔の痛みも気分次第ということもありますからね。


■包茎手術・治療ガイド

■地名から専門病院を検索

■院名で専門病院を検索

■サイトマップ

■運営者・プライバシーポリシー