1. 包茎手術・治療WEB
  2. 包茎手術「治療と出血」


包茎手術「治療と出血」


包茎手術を受ければ当然出血があります。 ここでは、包茎手術方法による出血の相違と術後の出血について解説します。

包茎手術方法による出血の相違

手術中の出血量は手術方法によって大きく異なります。
まず「クランプ」という簡易包茎手術器具を使用する場合は、ほとんど出血はありません。これは「クランプ」が小型の「万力」のような道具で切除ラインにそって皮を強力に締め付けてしまうため、余分な皮を切っても出血することがないからです。そのため出血量は麻酔注射の針の穴からでる出血だけですんでしまいます。
これに対して「ハンドメイド」といわれる鉗子(かんし)とメスだけで包茎手術をおこなう場合には、それなりの出血量はあります。だからといって輸血が必要なくらいの出血はありませんから心配しないでください。一回の献血で採られる量よりははるかに少ない出血量ですから。

手術後の出血

「クランプ」でも「ハンドメイド」でも、止血処置をちゃんとおこない、縫合もきちんとおこなわれていれば術後出血することはあまりありません。よく起こる出血は、術後勃起してしまい縫合糸が引っ張られ糸が入っている穴から出血するケースです。この程度であればたいていはすぐ出血は止まってしまいます。
術後の出血で一番の問題は、体内の血管から血が漏れ止まらないケースです。これが起こるとペニスが大きく腫れてきます。放置しておくと下腹部全体が腫れてきてペニスが埋もれてしまう場合もあります。これは血腫(ヘマトーマ)といい、大きな血豆のようなものです。このような症状がでるのであれば、すぐに再診を受けてください。出血をおこしている血管を止血する必要があります。まぁ、めったに起こるものではありません。


■包茎手術・治療ガイド

■地名から専門病院を検索

■院名で専門病院を検索

■サイトマップ

■運営者・プライバシーポリシー